ホーム >  人間工学応用事例(GPDB)・GPDB表彰 > グッドプラクティスデータベース一覧

人間工学応用事例(GPDB)・GPDB表彰

GL-113 タブレット・スマートフォンなどを用いて在宅ワーク/在宅学習を行う際に実践したい7つの人間工学ヒント

画像

ガイドライン概要
概略

タブレット・スマートフォンなどを使用して在宅ワーク/在宅学習を行う人向けの人間工学実践ヒント集です。国際労働機関・国際人間工学連合(ILO / IEA)が提唱している“人間工学チェックポイント”の形式に基づいて編集しました。

対象利用者・活用場面など

世界保健機関(WHO)は、2020年3月11日に新型コロナウイルス(COVID-19)を世界的流行(パンデミック)にあると宣言しました。さらなる社会全体への感染拡大防止のため、従業員は在宅ワークを、生徒・学生はオンライン授業などの仮想的な学習空間での受講を余儀なくされています。このような社会的危機に対し、一般社団法人日本人間工学会は世界の人間工学コミュニティに先立ち、教育機関で働いている学会員に対しオンライン調査を実施し、新型コロナウイルスに対する組織内の対応状況調査を実施しました(JES Webサイト、IEA Webサイトを参照)。その結果、在宅ワークまたはオンライン会議に参加する際に実施すべき適切な人間工学の実践、および室内環境整備の方法について認識を持ち合わせていた人は、わずか40%未満でした。

そこで、日本人間工学会第6期理事会内の委員会・部会などの有志メンバーが協働し、タブレット・スマートフォンなどを使用する在宅ワーク/在宅学習者向けの人間工学実践ヒント集としてガイドライン(英語版)がまとめられました。本書はその翻訳版です。

使い方の説明

在宅勤務者、生徒・学生など、主に家庭内でスマートフォン・タブレットとノートPCを併用しながら作業・視聴・コミュニケーションをとる人向けのガイドラインです。在宅で情報機器を用いる皆様に知っておいてもらいたい人間工学的な視点や対策を分かりやすく紹介するとともに、在宅のみならず、従来の職場環境や学校環境等にも応用しやすいヒントを7つに絞り紹介しています。ちょっとしたことの工夫をすることで自分自身の健康を守り、有用な在宅ワーク/在宅学習を行えることを知り、実践してもらえることを願って作成しました。

ガイドラインを使うことによる利点、期待される効果など

○ IEA/ILOのアクションチェックリストに準拠した、厳選された7項目のヒント集です。何をすべきなのか、という原則と共に、その理由および実施しないことにより発生する可能性のあるリスク情報が紹介されています。加えて、どのようにすればよいかの更なるヒントが多く紹介されており、多面的な人間工学的な着想を学ぶことに役立ちます。
○ 最新のエビデンスを元に、お金をかけずに簡単に実践できる方法を厳選しています。
○ 人間工学の意識啓発のきっかけを提供するヒント集です。在宅での取り組みを通じて人間工学的な対応方法の必要性を認識し、一般の職場環境にも応用してもらう波及効果を期待した内容になっています。

活用事例・文献・URLなど

(一社)日本人間工学会の成果物・刊行物として発信しました。今後、各種ネットワークを通じて、関連学会、教育研究機関、報道機関等に展開予定です。
オリジナル版(英語版)については、IEAサイトにて公開中です。各国の人間工学会が自国語へ翻訳をする動きがあり、国際的にも、活用が期待されています。
参考URL:https://www.ergonomics.jp/product/report.html

図表ファイル・参考資料ファイル

・(一社)日本人間工学会、榎原 毅・松田文子(訳)「タブレット・スマートフォンなどを用いて在宅ワーク/在宅学習を行う際に実践にしたい7つの人間工学ヒント」日本人間工学会、2020
PDFはこちらから>

・Japan Human Factors and Ergonomics Society, Ebara T and Yoshitake R (Eds.), Shimomura Y, Aoki K, Kotani K, Toriizuka T, Ishibashi M, Nakanishi M, Ouchi H, Karashima M, Matsuda F, Yamada C. K, Akamatsu M, Muraki S, Fukuzumi S, Yagi Y, Shin H, Kato M, and Matsuki T: Seven Practical Human Factors and Ergonomic Tips for Teleworking/Home-learning with Tablet/Smartphone Devices, First Edition, Japan Human Factors and Ergonomics Society, 2020

PDFはこちらから>

参考URL:https://iea.cc/jes-publishes-tips-for-working-at-home/

推薦者

認定人間工学専門家 榎原毅

お問い合わせ
企業名・担当部署名

名古屋市立大学大学院医学研究科

担当者名

榎原 毅

e-mail

ebara@med.nagoya-cu.ac.jp

更新日

2020年05月16日



 


ページのトップへ