ホーム >  学会組織 > 学会組織図・メンバー > 委員会・担当・認定機構

学会組織

学会組織図・メンバー

委員会・担当・認定機構

常任委員会・担当、臨時委員会・担当の各詳細についてはリンクをクリックしてご確認ください。
常設委員会・担当
総務担当
担当理事 中西 美和 慶応義塾大学
大橋 智樹 宮城学院女子大学
財務担当
担当理事 三宅 晋司 産業医科大学
大内 啓子 (一財)日本色彩研究所
広報委員会
委員長 松田 文子 (公財)大原記念労働科学研究所
副委員長 山田クリス孝介 佐賀大学
幹事 齋藤 祐太 (株)U’eyes Design
委員 大内 啓子 (一財)日本色彩研究所
泉 博之 産業医科大学産業生態科学研究所
松岡 敏生 三重県工業研究所
八木 佳子 (株)イトーキ ソリューション開発統括部
皆川 和輝 芝浦工業大学
事業計画
  1. 理事会、支部、委員会、研究部会などと連携・協力のもと、ホームページを中心に広報活動を推進することによって人間工学の普及に努める。重要ニュースのお知らせ、学会主催/協賛等のイベント案内等をHPにて迅速に情報発信していく。
  2. 「人間工学の総合データベース(ERGO Directory)」およびグッドプラクティスデータベース(GPDB)の取り組みを継続し、人間工学の社会への普及に努める。表彰委員会・人間工学専門家認定機構と連携し、「専門家100名が選んだ人間工学GP賞」を活用した情報発信に取り組む。
  3. HPのスペシャルコンテンツ「ピックアップがんばる人間工学家!」の企画・運営(取材・記事制作・HP掲載)を引き続き行い、人間工学人材の社会における活躍を情報発信していく。また、全国大会の特別講演映像を学会員専用サイトにて閲覧できるように整備を進める。
  4. 学会員へJESニュースレターのe-mail配信を、引き続き学会事務局と連携し推進する。
  5. 編集委員会と連携を図り、電子査読システムについて、システムの改修を技術的に支援する。
  6. 50周年記念企画として継続検討してきた「人間工学博物館(バーチャルミュージアム)」の実装に向け、整備を進める。
本委員会関連のリンク
編集委員会
委員長 赤松 幹之 産業技術総合研究所
副委員長 榎原 毅 名古屋市立大学大学院 医学研究科
幹事 近井 学 (国研)産業技術総合研究所
委員 赤津 裕子 沖電気工業(株)
朝尾 隆文 関西大学
泉 博之 産業医科大学産業生態科学研究所
大橋 智樹 宮城学院女子大学学芸学部
笠松 慶子 首都大学東京 システムデザイン学部
片山 順一 関西学院大学
辛島 光彦 東海大学情報通信学部
神田 幸治 名古屋工業大学大学院工学研究科
菅間 敦 (独)労働安全衛生総合研究所
長谷川 智之 三重県立看護大学
森 亮太 長野県短期大学 生活科学科
山中 仁寛 甲南大学 知能情報学部
吉田 智幸 トヨタ自動車(株)
吉田 直樹 リハビリテーション科学総合研究所
アドバイザ 大須賀 美恵子 大阪工業大学
事業計画
  1. 学会誌「人間工学」の年6 号分の通常の編集・発行業務を行う。
  2. 「人間工学領域発展のための場」としての学会誌のあり方について、方針を定める。
  3. 論文投稿の推進を図る.投稿推進につながるクイック・レビュー制度を継続するほか,推進施策について引き続き検討を行う。
  4. 投稿者への利便性向上,迅速な審査体制の整備および編集委員会業務の効率化を図るため,広報委員会と協力・連携し,前年度より開始した電子査読管理システムを継続運用する。遅滞ない業務遂行を実現するため,学会事務局の協力を仰ぐ。利便性向上のために,必要に応じてシステムの改訂を行う。
  5. 研究上の倫理的配慮と利益相反の申告,著作権譲渡に関して,学術担当と連携して、会員への啓蒙をはかる。
  6. 編集委員会を月1回開催する。うち,6回は対面委員会,6回はメーリングリストによる電子委員会とする。また対面委員会のうち2回程度は全体会議,4回程度は数拠点つないだweb会議とし,いずれも個人単位のweb参加を可とする。これにより,委員会経費の節減を図るとともに,編集委員の居住地格差が起きないようにする。
  7. その他,編集委員会所掌業務への迅速な対応をはかる。
本委員会関連のリンク
学会誌の紹介
国際協力委員会
委員長 小谷 賢太郎 関西大学
副委員長 鳥居塚 崇 日本大学
委員 青木 洋貴 東京工業大学
佐藤 望 近畿大学
鈴木 桂輔 香川大学
中西 美和 慶應義塾大学
藤田 祐志 慶應義塾大学大学院
山田クリス孝介 佐賀大学
事業計画
  1. 日韓共同シンポジウム2016 (2016.6.2~4韓国済州島)の JES窓口として会員参加への協力と開催対応
  2. IEA評議会(11月上旬予定)への参加 メデジン,コロンビア国際協力委員がJESからのcouncil memberとして3名分の投票権執行
  3. 国際協力活動およびその他
    • IEAアワード申請への協力
    • IEA内の各委員会への協力
    • ACED2017開催に向けての支援
    • 学会内各委員会などへ国際協力委員としての参加
    • 学会誌への国際学会参加報告の執筆 など
本委員会関連のリンク
IEA News Letter
ISO/TC159国内対策委員会
委員長 横井 孝志 日本女子大学
副委員長 佐藤 洋 (国研)産業技術総合研究所
委員 青木 和夫 日本大学大学院
柳堀 朗子 (公財)ちば県民保健予防財団
榎原 毅 名古屋市立大学大学院 医学研究科
持丸 正明 (国研)産業技術総合研究所
福住 伸一 NECデータサイエンス研究所
池野 英徳 NLTテクノロジー(株)
氏家 弘裕 (国研)産業技術総合研究所
倉片 憲治 (国研)産業技術総合研究所
佐川 賢 (国研)産業技術総合研究所
澤田 晋一 (独)労働安全衛生総合研究所
米村 俊一 芝浦工業大学
吉武 良治 芝浦工業大学
高橋 美和子 (一社)人間生活工学研究センター
井上 剛伸 国立障害者リハビリテーションセンター研究所
山崎 朋子 (一財)日本規格協会
オブザーバー 加藤 二子 経済産業省
木原 由起子 経済産業省
高橋 玲子 経済産業省
小出 啓介 経済産業省
事業計画
ISO/TC159(人間工学)分野の規格の提案、作成、審議、ならびに人間工学JIS規格の作成、普及・啓蒙のための活動を行う。

  1. 会議:全体会議3回、分科会延べ30回前後開催予定
  2. 予定されている主な審議項目
    • SC1 (人間工学の一般原則)
      • ISO/FDIS 6385 Ergonomic principles in the design of work systems
      • ISO/DIS 10075-1 Ergonomic principles related to mental work-load — Part 1: General concepts, terms and definitions
    • SC3 (人体寸法と生体力学)
      • ISO/DIS 7250-1 Basic human body measurements for technological design — Part 1: Body measurement definitions and landmarks
      • ISO/FDIS 20685-1 Ergonomics — 3-D scanning methodologies for internationally compatible anthropometric databases — Part 1: Evaluation protocol for body dimensions extracted from 3-D body scans
    • SC4 (人間とシステムのインタラクション)
      • ISO/DIS 9241-11 Ergonomics of human-system interaction — Part 11: Usability: Definitions and concepts
      • ISO/AWI 21056 Ergonomics — Accessible design — Guidelines for designing tactile symbols and letters
    • SC5 (物理環境の人間工学)
      • ISO/DIS 7243 Ergonomics of the thermal environment — Assessment of heat stress using the WBGT (wet bulb globe temperature) index
      • ISO/NP 7726 Ergonomics of the thermal environment — Instruments for measuring physical quantities
  3. 国際会議予定
    • TC159/SC4/WG1会議 (東京)、TC159/SC4/WG6会議(札幌)、TC159/SC1/WG5会議(サスカチューン)、TC159総会(ストックホルム)、TC159/SC1/WG5会議(デリー)、TC159/SC3総会&WG1会議 (ストックホルム)、TC159/SC4総会(韓国)、TC159/SC4/WG6会議(ベルリン) 、TC159/SC4/WG28会議(ベルリン)ほか
本委員会関連のリンク
人間工学規格
表彰委員会
委員長 青木 和夫 日本大学
副委員長 申 紅仙 常磐大学
委員 赤松 幹之 (国研)産業技術総合研究所
大内 啓子 (一財)日本色彩研究所
佐藤 望 近畿大学
福住 伸一 NECデータサイエンス研究所
松田 文子 (公財)大原記念労働科学研究所
横井 元治 (株)本田技術研究所
事業計画
  1. 表彰選考等に関係する広報委員会、編集委員会、国際協力委員会、人間工学専門家認定機構等と連携し、公正かつ効率的な業務運営を行う。
  2. 平成28年定時社員総会において、各賞(功労賞,日本人間工学会論文賞,研究奨励賞,人間工学グッドプラクティス賞,優秀研究発表奨励賞)の受賞者に対する授与式を行う。
  3. 平成29年度の各賞受賞候補を選考するとともに、表彰の準備を行う。
  4. 表彰委員会ウェブサイトの拡充を図るとともに、受賞者や表彰事例の周知等、学会内外への情報提供に努める。
  5. 本学会以外の国内外の組織の表彰に対する候補者を推薦する。
本委員会関連のリンク
https://www.ergonomics.jp/committee/awards-committee/
安全人間工学委員会
委員長 首藤 由紀 (株)社会安全研究所
副委員長 鳥居塚 崇 日本大学
委員 青木 和夫 日本大学大学院
小松原 明哲 早稲田大学
酒井 一博 (公財)大原記念労働科学研究所
佐相 邦英 (一財)電力中央研究所
中西 美和 慶應義塾大学 理工学部
芳賀 繁 立教大学
山出 康世 (株)社会安全研究所
吉村 健志 (国研)海上技術安全研究所
事業計画
  1. 四半期ごとに委員会を開催し,安全問題にかかわる人間工学会の様々な活動に関する提言,助言,実務を行う。
  2. 日本人間工学会第57回大会のシンポジウムを企画・実施する。
  3. 日本学術会議安全工学シンポジウム2016 の幹事学会を引き継ぎ,安全人間工学研究部会とともにシンポジウム全体の運営を行う。
  4. 人間工学の視点から安全上の諸問題について社会に向けた発信を行う。そのためのウェブサイトを立ち上げる。
  5. 安全に関わる研究活動を行っている他の学協会との連携の幅を拡げ、新しい交流・情報交換の機会をつくる。
  6. 安全人間工学研究部会の運営をサポートする。
本委員会関連のリンク
安全人間工学研究部会 ホームページ
学術担当
担当 横山 清子 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科
吉村 健志 (国研)海上技術安全研究所
事業計画
  1. 日本学術会議、横断型基幹科学技術研究団体連合、及び文科省科学研究費助成事業等の活動を継続的にフォローする。
  2. 「人間工学研究のための倫理指針」の改定について検討する。
本委員会関連のリンク
周辺領域のお知らせ
企画担当
担当 岡田 明 大阪市立大学大学院
阿久津 正大 玉川大学
事業計画
  1. 学会の公開講座等の企画を行う。 特に、研究部会による公開講座の開催件数増加を目指す。
  2. 全国大会において、学会本部主催企画講演「藤田 祐志 IEA会長:人間工学の普及を担う国際人間工学連合」の企画を行う。
  3. その他、学会主催の行事に関する企画と調整を行う。
本委員会関連のリンク
周辺領域のお知らせ
人間工学専門家認定機構
機構長 福住 伸一 日本電気(株)
副機構長 横井 元治 (株)本田技術研究所
事務局長(総務) 山本 雅康 (株)U’eyes Design
幹事 青木 和夫 日本大学大学院
石橋 基範 日本大学
井出 有紀子 日本電気(株)
宇賀神 博 日本大学
嘉代 憲司 大森電機工業(株)
澤 貢 (公財)鉄道総合技術研究所
三林 洋介 東京都立産業技術高等専門学校
藤田 祐志 慶應義塾大学大学院
堀江 良典 日本大学
松田 文子 (公財)大原記念労働科学研究所
松本 啓太 富士通デザイン(株)
三澤 哲夫 千葉工業大学
八木 佳子 (株)イトーキ ソリューション開発統括部
吉武 良治 芝浦工業大学
事業計画
  1. 資格認定試験を実施する。
    資格認定試験(A方式試験)を年1回、筆記試験免除条項の適用(B方式試験)を年1回実施する。
    準専門家・人間工学アシスタント試験を年4回程度実施する。
    A方式試験:2016年9月4日(日) 芝浦工業大学芝浦キャンパス(東京)
  2. 定期総会、講演会、幹事会を開催する。
    • 総会
      • 日時:2016年4月22日(金) 17:45~18:45
      • 会場:芝浦工業大学芝浦キャンパス8階802
    • 講演会
      • 日時 :2016年4月22日(金) 15:00~17:30
      • 会場 :芝浦工業大学芝浦キャンパス8階802
      • 講演1:佐相 邦英 (一般財団法人電力中央研究所)
      • 演題 :「電中研でのヒューマンファクター研究について」
      • 講演2:赤津 裕子(沖電気工業株式会社)
      • 演題 :「公共機器・オフィス機器におけるUXインタフェース研究」
      • 話題提供:「CPEの活動紹介」
    • 幹事会(2回開催予定)
  3. 機構長の改選を行う。
  4. 再認定を促進するため、個別にご案内の連絡をし、ホームページにも再認定の手続きについて掲載する。
  5. シンポジウムを開催する。
    • 日本人間工学会第57回大会(2016年6月、三重県立看護大学)、日本人間工学会関東支部大会においてシンポジウムを行う。
  6. JES学会誌へGP賞紹介記事を企画し、推進する。
  7. 機構ホームページ、会報、人材DB(ERGO Directory)、学会大会、広告等を活用して会員の交流と本制度の対外アピールに努める。
  8. 「人間工学グッドプラクティス賞」(GP賞)の審査に積極的に協力する。
  9. IEA専門家教育委員会の活動に協力する。
  10. 学会内組織、他学会、他の資格認定組織との連携を行う。
  11. CPEセミナー、CPEサロン(交流会)を開催する。
本委員会関連のリンク
人間工学専門家認定機構 ホームページ
認定専門家を目指す方
臨時委員会・担当
学会改革・戦略委員会
委員長 榎原 毅 名古屋市立大学大学院
副委員長 吉武 良治 芝浦工業大学
委員 赤松 幹之 (国研)産業技術総合研究所
石橋 基範 日本大学生産工学部
笠松 慶子 首都大学東京
下村 義弘 千葉大学 大学院工学研究科
村木 里志 九州大学大学院芸術工学研究院
山田クリス 孝介 佐賀大学
横井 元治 ㈱本田技術研究所 二輪R&Dセンタ-
顧問 堀江 良典 日本大学
事業計画

学会設立後50年が経過し、既存の学会運営モデルでは時代のニーズに即応することが困難となりつつある。多様化する社会ニーズと学術ニーズへ即応する基盤を整備し、学会活動の活性化をはかる組織運営のあり方について、中長期戦略ビジョンの検討を行う。

本委員会関連のリンク
人間工学研究のための倫理指針検討委員会
委員長 石橋 基範 日本大学生産工学部
副委員長 大須賀 美恵子 大阪工業大学工学部
委員 青木 和夫 日本大学理工学部
榎原 毅 名古屋市立大学大学院医学研究科
北島 洋樹 公益財団法人大原記念労働科学研究所
城戸 恵美子 三菱電機株式会社デザイン研究所
高原 良 株式会社イトーキ
武田 裕司 (国研)産業技術総合研究所
福住 伸一 NECデータサイエンス研究所
事業計画

平成21年11月に人間工学研究において特に倫理面から研究実施者等が遵守することが望ましい事項を定めた「人間工学研究のための倫理指針」を策定・施行した。その後の研究の多様化、社会動向の変化を踏まえ、人間工学が社会の信頼を得、貢献するために弁えるべき研究上の倫理指針の改訂を検討する。(略称は倫理指針検討委員会)

本委員会関連のリンク
子どものICT活用委員会
委員長 斉藤 進 (公財)大原記念労働科学研究所
副委員長 久武 雄三 (株)ジャパンディスプレイ
委員 青木 和夫 日本大学大学院
岡田 衛 レノボ・ジャパン(株)
窪田 悟 エルゴデザイン研究所
栗田 泰市郎 (株)NHKメディアテクノロジー
柴田 隆史 東京福祉大学 教育学部
外山 みどり (独)労働者健康安全機構
労働安全衛生総合研究所
宮本 雅之 シャープ(株)
吉武 良治 芝浦工業大学 デザイン工学部
事業計画

わが国では、2010年に閣議決定された新成長戦略に沿い、総務省「フューチャースクール推進事業」及び文部科学省「学びのイノベーション事業」等、児童や生徒一人一台の情報端末による教育展開を目指し、小中学校におけるICT機器の導入と活用が急速に進められてきている。日本人間工学会では、子どものICT機器活用に関する人間工学を検討するため、子どものICT活用委員会を設置し課題を整理してきた。
これまでの活動を通し、学校で子どもたちが安全で快適にICT機器を使う環境が整っているとは言い難い現状が浮かび上がってきている。また、文部科学省が昨年度末に公表した2015年度学校保健統計調査報告書等により、裸眼視力が1.0未満の小学生が3割を超過と増加傾向にある等、子どもの視力低下が最悪の状況であることが明らかとなっている。学校教育にICT機器を導入したことが主因とは言えないが、ICT機器を導入するにあたって子どもの視覚機能を保護することは我々の義務であろう。
日本人間工学会に設置された本委員会としても、子どものICT機器活用ガイドラインとして取り上げる項目を整理し、成果を広く出前授業や他学会を通じた広報活動等により社会的に広める計画である。ガイドラインの対象とするICT機器は、ディスプレイやプロジェクターを含んだタブレット端末、電子黒板、及び実物投影機を主として取り上げ、これらの機器を使用する際の人間工学的留意事項等を分かりやすく解説することにより、人間工学の考え方を広く周知させる機会としたい。

IEA担当
担当 藤田 祐志 慶應義塾大学大学院
河合 隆史 早稲田大学理工学術院
事業計画
  1. IEA会長の諸業務にあたる(藤田祐志)。
  2. IEAウェブサイトの運用業務に従事する(主に河合隆史)。
  3. その他必要なこと
第58回大会・ACED2017担当
大会長 小谷 賢太郎 関西大学
鳥居塚 崇 日本大学
事業計画
【開催日】:
【大会会場】:
本委員会関連のリンク

 


ページのトップへ