ホーム >  学会組織 > 学会組織図・メンバー > 委員会・担当・認定機構

学会組織

学会組織図・メンバー

委員会・担当・認定機構

常任委員会・担当、臨時委員会・担当の各詳細についてはリンクをクリックしてご確認ください。
常設委員会・担当
総務担当
担当理事 石橋 基範 日本大学生産工学部
中西 美和 慶応義塾大学
財務担当
担当理事 大内 啓子 (一財)日本色彩研究所
辛島 光彦 東海大学
広報委員会
委員長 松田 文子 (公財)大原記念労働科学研究所
副委員長 齋藤 祐太 サイボウズ(株)
幹事 皆川 和輝 (株)オージス総研
委員 山田クリス孝介 慶應義塾大学大学院
大内 啓子 (一財)日本色彩研究所
泉 博之 産業医科大学産業生態科学研究所
松岡 敏生 三重県工業研究所
藤掛 和広 名古屋大学 未来社会創造機構
事業計画
  1. 理事会、支部、委員会、研究部会などと連携・協力のもと、ホームページを中心に広報活動を推進することによって人間工学の普及に努める。重要ニュースのお知らせ、学会主催/協賛等のイベント案内等をホームページにて情報発信していく。
  2. 「人間工学の総合データベース(ERGO Directory)」の登録者数増加に向け、学会事務局、人間工学専門家機構などと連携し、大会等の場で積極的な登録サポート広報活動を行う。
  3. グッドプラクティスデータベース(GPDB)の取り組みを継続し、開設10周年の記念企画を計画する。
  4. HPのスペシャルコンテンツ「ピックアップがんばる人間工学家!」の企画・運営を引き続き行う。
  5. 学会員へJESニュースレターのe-mail配信を、引き続き学会事務局と連携し推進する。
  6. グッドプラクティスデータベース(GPDB)の英訳掲載に向けて、引く続き検討していく。
  7. Facebookの有効活用を進めていく。
本委員会関連のリンク
編集委員会
委員長 赤松 幹之 (国研)産業技術総合研究所
副委員長 村木 里志 九州大学大学院芸術工学研究院
幹事 近井 学 (国研)産業技術総合研究所
委員 赤津 裕子 沖電気工業(株)
易 強 静岡県工業技術研究所
泉 博之 産業医科大学
岩切 一幸 労働安全衛生総合研究所
片山 順一 関西学院大学文学部
神田 直弥 東北公益文科大学公益学部
齋藤 誠二 岡山県立大学情報工学部
申 紅仙 常磐大学人間科学部
菅間 敦 労働安全衛生総合研究所
中川 千鶴 (公財)鉄道総合技術研究所
長谷川 智之 三重県立看護大学看護学部
前田 享史 九州大学大学院芸術工学研究院
山中 仁寛 甲南大学知能情報学部
吉田 智幸 トヨタ自動車(株)
事業計画
  1. 学会誌「人間工学」の年6号分の編集・発行業務を行う。
  2. 「人間工学領域発展のための場」としての学会誌のあり方について、方針を定める。
  3. 論文投稿の推進を図る。投稿推進につながるクイック・レビュー制度を継続するほか、推進施策について引き続き検討を行う。
  4. 投稿者への利便性向上、迅速な審査体制の整備および編集委員会業務の効率化を図るため、広報委員会と協力・連携し、電子査読管理システムを継続運用する。遅滞ない業務遂行を実現するため、学会事務局の協力を仰ぐ。利便性向上のために、必要に応じてシステムの改訂を行う。
  5. 研究上の倫理的配慮と利益相反の申告、著作権譲渡に関して、学術担当と連携して会員への啓蒙をはかる。
  6. 編集委員会を月1回開催する。うち、6回は対面委員会、6回はメーリングリストによる電子委員会とする。また対面委員会のうち2回程度は全体会議、4回程度は数拠点つないだweb会議とし、いずれも個人単位のweb参加を可とする。これにより、委員会経費の節減を図るとともに、編集委員の居住地格差が起きないようにする。
  7. 本年新設した学会誌の新しい投稿区分を積極的に活用し、人間工学領域の発展を目指した投稿の促進と新しい課題の共有を行い、学会誌を通じた学会員との対話の場を提供する。
  8. その他、編集委員会所掌業務への迅速な対応をはかる。
本委員会関連のリンク
学会誌の紹介
国際協力委員会
委員長 鳥居塚 崇 日本大学
副委員長 小谷 賢太郎 関西大学
委員 青木 洋貴 東京工業大学
榎原 毅 名古屋市立大学
辛島 光彦 東海大学
小林 大二 千歳科学技術大学
佐藤 望 近畿大学
申 紅仙 常磐大学
鈴木 桂輔 香川大学
中西 美和 慶應義塾大学
山田クリス孝介 慶應義塾大学
事業計画
  1. IEA評議会(フィレンツェ、イタリア 8月予定)への参加
    国際協力委員がJESからのcouncil memberとして3名分の投票権執行
  2. 国際協力活動およびその他
    • IEAアワード申請への協力
    • IEA内の各委員会への協力
    • ACED評議会(IEA2018会期中に開催)の準備と出席
    • 学会内各委員会などへ国際協力委員としての参加
    • 学会誌への国際学会参加報告の執筆
    • そのほか、JES活動に関する海外への情報発信など
本委員会関連のリンク
IEA News Letter
ISO/TC159国内対策委員会
委員長 佐藤 洋 (国)産業技術総合研究所
副委員長 横井 孝志 日本女子大学
委員 吉武 良治 芝浦工業大学デザイン工学部
青木 和夫 日本大学理工学部
山田クリス孝介 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
榎原 毅 名古屋市立大学大学院医学研究科
小林 吉之 (国)産業技術総合研究所
福住 伸一 (国)理化学研究所
氏家 弘裕 (国)産業技術総合研究所
齊藤 宏之 (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所
大井 元 日産自動車(株)
倉片 憲治 早稲田大学人間科学学術院
伊藤 納奈 (国)産業技術総合研究所
高橋 美和子 (一社)人間生活工学研究センター
井上 剛伸 国立障害者リハビリテーションセンター研究所
小綿 ひろみ (一財)日本規格協会
オブザーバー 木原 由起子 経済産業省 国際標準課
青山 晴香 経済産業省 国際標準課
事業計画
ISO/TC159(人間工学)分野の規格の提案、作成、審議、ならびに人間工学JIS規格の作成、普及・啓蒙のための活動を行う。

  1. 会議:全体会議3回、分科会延べ30回前後開催予定
  2. 日本主導で審議が予定されている項目
    • WG2(高齢者・障害者の人間工学) 
      • ISO/TR 22411 Ergonomic data and ergonomic guidelines for the application of ISO/IEC Guide 71(2nd Edition) 
    • SC1 (人間工学の一般原則) 
      • ISO/DIS 27501 – The human-centred organization — Guidance for managersr consumer products
    • SC4 (人間とシステムのインタラクション)
      • ISO/CD 21055 Ergonomics – Accessible Design – Minimum legible font size for people at any age
      • ISO/DIS 21056 Ergonomics – Accessible design – Guidelines for designing tactile symbols and  letters
      • ISO/AWI 24500-1 Ergonomics – Accessible design – Part 1: Indicator lamps on consumer products
      • ISO/CD 24500-2 Ergonomics – Accessible design — Auditory signals — Part 2: Voice guides for consumer products
  3. 国際会議予定
    • TC159/SC3関連会議、TC159/S4関連会議、TC159/SC5関連会議ほか
本委員会関連のリンク
人間工学規格
表彰委員会
委員長 堀江 良典 日本大学
副委員長 水野 有希 東京交通短期大学
委員 赤松 幹之 (国研)産業技術総合研究所
大内 啓子 (一財)日本色彩研究所
小谷 賢太郎 関西大学
福住 伸一 (国研)理化学研究所
松田 文子 (公財)大原記念労働科学研究所
横井 元治 (株)本田技術研究所
事業計画
  1. 表彰選考等に関係する広報委員会、編集委員会、国際協力委員会、人間工学専門家認定機構等と連携し、公正かつ効率的な業務運営を行う。
  2. 功労賞、論文賞、研究奨励賞、人間工学グッドプラクティス賞の選考を行い、各受賞者に対する授与式を行う。
  3. 前年度大会における優秀研究発表奨励賞の授与を行う。
  4. 表彰委員会ウェブサイトの拡充を図るとともに、受賞者や表彰事例の周知等、学会内外への情報提供に努める。
  5. 本学会以外の国内外の組織の表彰に対する候補者を推薦する。
本委員会関連のリンク
https://www.ergonomics.jp/committee/awards-committee/
安全人間工学委員会
委員長 首藤 由紀 (株)社会安全研究所
副委員長 鳥居塚 崇 日本大学
委員 北村 康宏 (公財)鉄道総合技術研究所
佐相 邦英 (一財)電力中央研究所
中西 美和 慶應義塾大学
芳賀 繁 (株)社会安全研究所
山出 康世 (株)社会安全研究所
吉村 健志 (国研)海上・港湾・航空技術研究所
事業計画
  1. 日本学術会議安全工学シンポジウム2018の実行委員に佐相委員が就任し、オーガナイズド・セッションを企画・運営するとともに、幹事学会(日本機械学会)はじめ関係学会と共にシンポジウム全体の運営を行う。
  2. 人間工学の視点から安全上の諸問題について社会に向けた発信を行うため、ウェブサイトを立ち上げる。
  3. 安全人間工学研究部会による研究会などを通じて、特定テーマに関する議論を深め、社会に向けた提言をとりまとめて発信する。
  4. 安全に関わる研究活動を行っている他の学協会との連携の幅を拡げ、新しい交流・情報交換の機会をつくる。
  5. 安全人間工学研究部会による研究会等の企画・運営をサポートする。
本委員会関連のリンク
安全人間工学研究部会 ホームページ
学術担当
担当 横井 郁子 東邦大学 看護学部/看護キャリア支援センター
青木 和夫 日本大学大学院
事業計画
  1. 日本学術会議、横断型基幹科学技術研究団体連合、および、文科省科学研究費助成事業等の活動を継続的に注視していく。
  2. 「人間工学研究のための倫理指針」について研究動向等から検討する。
本委員会関連のリンク
周辺領域のお知らせ
企画担当
担当 岡田 明 大阪市立大学大学院
三坂 昇司 (公財)流通経済研究所
事業計画
  1. 全国大会において、以下の学会企画を実施する。
    1. 学会本部主催教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ3「人間工学研究で役立つ統計学」、講師:榎原 毅(名古屋市立大学大学院)の企画を行う。
    2. 学会本部/大会共催企画:特別シンポジウム「知のネットワークでつなぐレジリエンス」の企画を行う。
  2. 学会主催または支部・研究部会等との共催の講座や行事等に関する企画と調整を行う。
  3. 研究部会活動の可視化や成果発表を引き続き促進するため、各部会の活動状況を把握し、成果発表や企画等の働きかけを行う。
本委員会関連のリンク
周辺領域のお知らせ
人間工学専門家認定機構
機構長 福住 伸一 (国研)理化学研究所
副機構長 鳥居塚 崇 日本大学
事務局長(総務) 横井 元治 (株)本田技術研究所
幹事 石橋 基範 日本大学
井出 有紀子 日本電気(株)
嘉代 憲司 大森電機工業(株)
黒米 克仁 日本アイ・ビー・エム(株)
澤 貢 (公財)鉄道総合技術研究所
藤田 祐志 International Ergonomics Association President
松田 文子 (公財)大原記念労働科学研究所
松本 啓太 富士通デザイン(株)
三澤 哲夫 千葉工業大学
水本 徹 (株)島津製作所
矢口 博之 東京電機大学
山本 雅康 ボッシュ株式会社 FUJIプランテクト
吉武 良治 芝浦工業大学
鰐部 絵理子 エクスペディア
事業計画
  1. 資格認定試験を実施する。
    資格認定試験(A方式試験)を年1回、2会場で実施する(東京、大阪)。筆記試験免除条項の適用(B方式試験)を年1回実施する。
    準専門家・人間工学アシスタント試験を年4回程度実施する。
    A方式試験:2018年9月8日(土) 日本教育会館(東京)及び大阪クロススクエア(大阪)
  2. 定期総会、講演会、幹事会を開催する。
    • 総会
      • 日時:2018年4月17日(火) 16:30~17:30
      • 会場:首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
    • 講演会
      • 日時:2018年4月17日(火) 14:45~16:20
      • 会場:首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
    • 幹事会(2回開催予定)
  3. 機構長の改選を行う。
  4. 再認定を促進するため、個別にご案内の連絡をし、ホームページにも再認定の手続きについて掲載する。
  5. シンポジウムを開催する。
      日本人間工学会第59回大会(2018年6月、宮城学院女子大学)においてシンポジウムを開催する。タイトル:活躍する人間工学専門家
      各支部大会時にCPE活動紹介を行う
  6. 機構ホームページ、会報、人材DB(ERGO Directory)、学会大会、広告等を活用して会員の交流と本制度の対外アピールに努める。
  7. 「人間工学グッドプラクティス賞」(GP賞)の審査に積極的に協力する。
  8. 学会内組織、他学会、他の資格認定組織との連携を行う。
  9. CPEセミナー、CPEサロン(交流会)を開催する。
本委員会関連のリンク
人間工学専門家認定機構 ホームページ
認定専門家を目指す方
臨時委員会・担当
若手支援委員会
委員長 申 紅仙 常磐大学
副委員長 加藤 麻樹 早稲田大学
委員 吉武 良治 芝浦工業大学
鳥居塚 崇 日本大学
榎原 毅 名古屋市立大学
事業計画
  1. 若手会員(20代学部生・大学院生中心)の研究やキャリア形成を支援することを目的とした活動を行う。
  2. 学生や若手が学会活動に継続的に関わることができるような枠組みを検討する。
  3. 全国大会、支部大会などの機会を活用し交流会を複数回開催する。
  4. 必要に応じて、大学を超えた学生たちの自主的な活動についても支援を行う。
本委員会関連のリンク
企業活動推進委員会
委員長 易 強 静岡県工業技術研究所
副委員長 善方 日出夫 富士通デザイン(株)
下村 義弘 千葉大学
委員 大島 浩幸 東京都立産業技術研究センター
松田 文子 大原記念労働科学研究所
松岡 敏生 三重県工業研究所
森 亮太 長野県短期大学
吉武 良治 芝浦工業大学
オブザーバー 齋藤 祐太 サイボウズ(株)
石橋 基範 日本大学生産工学部
八木 佳子 (株)イトーキ
境 薫 富士通デザイン(株)
事業計画
  1. 委員会活動の目的、目標
    • 企業での人間工学活動をもっと可視化して、アクティブにするための活動を行う。
    • 日本人間工学会の活動に参加する企業のメンバーの倍増を目標とする。
  2. アクションプランの作成
    • 企業での人間工学活動の現状を把握する。各支部、委員会に参加している人からヒアリング、委員会のオブザーバーになっていただく。
    • 企業での人間工学活動のアクティブメンバーのネットワークを構築する。SNSや掲示板MLを活用して、相互訪問など連絡を密にする。抱えている案件、悩みを気軽に話し合える仕組みを検討する。
    • 目標を絞り、産官学の連携による短期的なプロジェクトを立ち上げて、活動するモデルを構築する。
  3. 活動成果の顕在化
    • 学会のホームページを通じて情報発信する。
    • 全国大会や地方大会で発表やシンポジウムを開催する。
    • 他の委員会と連携を取る。
本委員会関連のリンク
学会改革・戦略委員会
委員長 榎原 毅 名古屋市立大学大学院
副委員長 山田クリス 孝介 慶應義塾大学大学院
委員 赤松 幹之 (国)産業技術総合研究所
石橋 基範 日本大学生産工学部
笠松 慶子 首都大学東京 システムデザイン学部
下村 義弘 千葉大学 大学院工学研究院
村木 里志 九州大学大学院芸術工学研究院
横井 元治 (株)本田技術研究所 二輪R&Dセンタ-
吉武 良治 芝浦工業大学
顧問 堀江 良典 日本大学
事業計画
  1. 理事会、支部、委員会、研究部会などと連携・協力のもと、多様化する社会ニーズと学術ニーズへ即応する学会改革アクションプランについて具体的な制度設計を行い、順次実装・展開をはかる。
  2. 必要に応じて、学会改革アクションプランについて学会員と定期的な意見交換(意識調査・シンポジウムなど)を行う。
  3. アクションプランを実現するために必要となる各種規程類の整備を行い、学会活動の活性化を促す基盤整備を進める。
本委員会関連のリンク
倫理指針検討委員会
委員長 石橋 基範 日本大学生産工学部
副委員長 榎原 毅 名古屋市立大学大学院
委員 青木 和夫 日本大学理工学部
大須賀 美恵子 大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部
北島 洋樹 (公財)大原記念労働科学研究所
城戸 恵美子 三菱電機(株)デザイン研究所
高原 良 (株)イトーキ 商品開発本部
武田 裕司 (国研)産業技術総合研究所
福住 伸一 (国研)理化学研究所
事業計画
当初計画していた倫理指針の改訂にまで至っておらず、当委員会の活動を次期も継続する。平成30年度内に理事会へ提案、平成31年度総会での承認を目標として、具体的な作成作業に着手する。また、近接領域の学会との連携について検討する。
本委員会関連のリンク
子どものICT活用委員会
委員長 柴田 隆史 東京福祉大学 教育学部
副委員長 岡田 衛 レノボ・ジャパン(株)
委員 青木 和夫 日本大学理工学部
窪田 悟 エルゴデザイン研究所
栗田 泰市郎 (株)NHKメディアテクノロジー
斉藤 進 (公財)大原記念労働科学研究所
外山 みどり (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所
久武 雄三 (株)ジャパンディスプレイ
宮本 雅之 (株)ワコム
吉武 良治 芝浦工業大学 デザイン工学部
事業計画
  1. タブレット端末や電子黒板などのICT機器が学校に導入されている状況を鑑み、子どもがICT機器を活用する上での人間工学課題を検討し、各種情報を交換するとともに、ガイドラインの考え方等を引き続き整理する。
  2. 学校教員のみならず、児童生徒に対しても分かりやすい人間工学ガイドラインの作成を目指し、社会への貢献を図る。例えば、フライヤーやポスター等として公開するとともに、各地域の小中学校等へ配布し活用して頂くことを検討する。
  3. 引き続き、JES以外の他研究会などの機会を活用し、JES会員以外の協力も得ながら人間工学ガイドラインを周知させることにより、効果検証や改訂等へフィードバックさせることを検討する。
IEA担当
担当 藤田 祐志 International Ergonomics Association President
河合 隆史 早稲田大学理工学術院
事業計画
  1. IEA会長の諸業務にあたる(藤田祐志)。
  2. IEAウェブサイトの運用業務に従事する(主に河合隆史)。
  3. その他必要なこと
第60回大会担当
大会長 青木 和夫 日本大学大学院
事業計画
【開催日】:2019年6月15日(土)~16日(日)
【大会会場】:日本大学理工学部駿河台キャンパス

 


ページのトップへ