ホーム >  人材募集

人材募集

募集中の人材一覧

現在、下記の募集を実施しています。

近畿大学生物理工学部 教員募集

登録日:2017/06/28

募集人員・職種
講師(常勤)・1名
業績などを踏まえて、助教(任期1年、再任用可〔4回を限度〕)として採用する場合があります。その場合、在任中の業績審査のうえ、期間の定めのない常勤講師として再契約することがあります。
部署名
人間環境デザイン工学科
専門分野
人間工学、または環境デザイン工学
業務内容
[担当科目]
人間医工学概論、暮らしの力学、住環境科学概論、ユニバーサルデザイン概論の中のいずれか、及び関連する基礎科目、実験・演習科目、卒業研究など(カリキュラム編成により、担当科目名を変更する場合があります)
応募資格
  1. 博士の学位を有すること。
  2. 近畿大学の理念を理解して、本大学・学部・学科の教育・研究方針を実践できること。
  3. 私立大学における学部・大学院学生の教育・研究指導に関して十分な見識と能力を有すること。
  4. 人間工学について深い知識と研究意欲を有するとともに、特に製品設計や環境デザインのための計測や評価に関する技術に習熟していること。
  5. 上記(4)をテーマとする研究で競争的資金獲得の実績があること。
  6. 英語による講義が可能なことが望ましい。
着任時期
2018年(平成30年)4月1日
待遇
本学給与規程による。
応募書類
  1. 履歴書(本学部所定の様式、写真貼付のこと) 1通
  2. 研究業績集計表(本学部所定の様式、〔職務上の実績に関する事項「4その他」の項〕に科学研究費助成事業などの競争的資金の獲得状況を記入すること) 1通
  3. 教育研究業績書(本学部所定の様式に記入) 1通
  4. これまでの教育・研究に関する業績概要(A4用紙、自由書式で2000文字程度) 1部
  5. 就任後の教育・研究に対する抱負(A4用紙、自由書式で2000文字程度) 1部
  6. 主要な著書・学術論文 5編(コピー・抜き刷り可)
  7. ※最終選考審査時には、全著書および全学術論文(コピー・抜き刷り可)を提出して頂きます(本人宛に通知)。 
  8. 推薦書又は参考となる意見を頂ける2名以内の方の氏名、所属、連絡先と応募者との関係に関する書類(A4用紙、自由書式) 1部
  9. 返信用葉書(応募書類受付の連絡用、返信先を記入のこと) 1枚
※本学所定様式は、http://www.waka.kindai.ac.jp/down-files/download.htm
からダウンロードしてください。
応募〆切
2017年(平成29年)8月31日(木曜日)(必着)
書類提出先
〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930
近畿大学生物理工学部 人間環境デザイン工学科 学科長 廣川敬康 宛
※提出書類を厳封の上、「教員応募書類(人間環境デザイン工学科)」と朱書きし、簡易書留でご送付ください。
※提出書類は原則として返却いたしませんので、ご了承ください。
※応募書類に記載いただいた住所、氏名その他の個人情報につきましては、安全管理のため必要な措置を講じております。これらの情報については、教員採用の資料としてのみ使用いたします。応募に関する守秘義務は遵守します。
選考方法
第一次選考 書類選考 (結果は、9月中旬までに本人宛に通知します。)
第二次選考 面接および模擬講義 (10月中旬までを予定しております。選考日は、本人宛に通知します。)
問い合わせ先
近畿大学生物理工学部 人間環境デザイン工学科 廣川敬康
TEL 0736-77-3888(内線4527)   FAX 0736-77-4754
E-mail hirokawa#waka.kindai.ac.jp (#を@に替えてお使いください)
備考
※学科ホームページは、http://www.waka.kindai.ac.jp/gakubu/05_ningen.html
です。
※本募集に関する詳細は、http://www.waka.kindai.ac.jp/koubo/H30koubo.html
をご覧下さい。
※第一次選考の結果、第二次選考にお越しいただく際は、本学旅費規程により、現住所の最寄り駅から本学までの交通費を支給します。海外在住者は到着した国内の空港から本学までの交通費を支給いたします。(なお、印鑑をご持参ください。)

大阪大学大学院連合小児発達学研究科 ポスドク研究員募集のお知らせ

登録日:2017/06/22

募集人員・職種
研究員・ポスドク相当
部署名
大阪大学大学院連合小児発達学研究科
専門分野
情報学・総合理工
業務内容
脳型の人工知能技術を用いて精神神経疾患の新たな診断法や治療法の開発を行い、それを発展させることにより次世代人工知能技術の確立を行う研究プロジェクトに参画していただきます。
本プロジェクトは、大阪大学橋本 の保有する豊富な臨床データと、脳情報通信融合研究センター(CiNet)下川哲也先生 が持つ最新の解析技術を融合させ取り組む共同プロジェクトです。これまでに集積した膨大な量にのぼる複雑なヒトの認知機能を代表する知能や記憶などのデータ、視線などの脳神経生理学的なデータ、脳神経画像データ、そして血液などのバイオサンプルから得られるデータなどの多次元データと、脳情報に関するビッグデータ並びに脳科学や情報科学研究者による解析、分析結果を活用し、人工知能を用いて精神・神経疾患診断支援を行うシステムを構築し実証を行い、新たな診断方法、治療法の開発を目指します。
応募資格
工学系、理学系、医歯薬学系の博⼠号の学位を有し、脳科学および脳計測に関する基礎的な知識を有する方、データ解析・プログラミング言語・計算機実験に必要なプログラミング等における専門的知識・経験・実績を有する方、精神医学分野に興味を持ち学ぶ熱意のある方、機械学習など関連する技術分野の実装等にも意欲的な方
着任時期
採用決定後できるだけ早期
待遇
大阪大学の規定に基づき、経歴・能力等を考慮し決定。その他本学就業規定に準じる
応募書類
  1. 履歴書(様式任意・写真添付・連絡先の電話番号およびE-mailアドレスを明記のこと)
  2. 職務経歴書または現在までの研究概要
応募〆切
2017年8月31日
書類提出先
メールまたは郵送にてお送りください(できるだけメールでのご応募をお願いします)。 応募の秘密は厳守し、取得した個人情報は採用選考の目的以外には利用しません。 また、応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。
◆メール送信先 spjimu04[at]psy.med.osaka-u.ac.jp(担当:大西)
(メール送信時は[at]を@にしてください)
◆郵送先 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2 D3 大学大学院連合小児発達学研究科子どものこころの分子統御機構センター  橋本亮太宛
選考方法
[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
書類選考の上、通過者には面接・試験を実施いたします。詳細は追ってご連絡させて頂きます。
問い合わせ先
大学大学院連合小児発達学研究科子どものこころの分子統御機構センター   担当:大西 mail:spjimu04[at]psy.med.osaka-u.ac.jp
(お問合せはメールにてお願いいたします。メール送信時は[at]を@にしてください )
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2 D3
備考
公募サイト
機関サイト
参考サイト(脳情報通信融合研究センター)

国立大学法人 弘前大学 教員募集

登録日:2017/06/14

募集人員・職種
准教授
部署名
理工学研究科(機械科学科併任)
専門分野
医用生体計測分野 (例えばセンサシステム開発,画像計測,医用ロボット等に関連する工学分野)
業務内容
学部:人間医工学、創造実習、理工系の数学、機械科学基礎演習、機械科学実験、機械科学設計、医用科学実験、医用科学設計、科学技術英語、卒業研究など
大学院:専門分野に関連した科目、研究指導に関連した科目など 教養教育科目:スタディスキル導入科目、自然・科学科目群など
応募資格
  1. 博士の学位を有する方
  2. 大学院博士課程前期・後期課程において教育研究指導ができる方
着任時期
平成29年12月1日以降のできるだけ早い時期
待遇
採用後の給与については、弘前大学で規定する年俸制が適用されます。
応募書類
  1. 履歴書(写真貼付。高等学校卒業以降の学歴、職歴、資格など)
  2. 研究業績リスト(査読付原著論文、全文査読付国際会議プロシーディングス、アブストラクト査読付国際会議プロシーディングス、講演発表(国内/外)、著書(単著/共著)、総説・解説、特許(登録/出願)、招待講演(上記と重複の場合は再掲)、受賞(上記と重複の場合は再掲)、その他に分けて記載のこと)
  3. 外部資金獲得状況(外部資金の種類、名称、金額、代表者/分担者の別)
  4. 主要論文5編以内の別刷り(複写可)
  5. これまでの主要な教育・研究及び社会貢献の概要(2000字程度)
  6. 今後の教育・研究及び社会貢献に関する抱負と計画(1000字程度)
  7. 応募者に関する参考意見を伺える方2名の氏名と連絡先 (氏名、所属、役職、連絡先住所、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)
  8. 応募者の連絡先
応募〆切
平成29年9月4日(月)消印有効
書類提出先
〒036-8561 青森県弘前市文京町3番地 弘前大学大学院理工学研究科 総務グループ(総務担当)宛 ※封筒に「教員応募書類(医用生体計測分野准教授)在中」と朱書きし、簡易書留、レターパック、EMS、その他法令で認められる送付方法により、送付記録の残る方法で送付して下さい。
選考方法
  1. 書類選考
  2. 候補者に対する面接(これまでの研究と今後の教育研究・社会貢献を含む)
問い合わせ先
〒036-8561 青森県弘前市文京町3番地
弘前大学大学院理工学研究科 総務グループ(総務担当) 
電話: (0172)39-3503
FAX: (0172)39-3513
E-mail: jm3505@hirosaki-u.ac.jp
(@マークは全角です。メール送信時は半角に修正してください)
備考
詳細は次のURLをご覧ください。
医用 生体計測分野准教授の公募について

株式会社UL Japan 人材募集

登録日:2017/03/16

募集人員・職種
ヒューマンファクターズスペシャリスト
部署名
株式会社UL Japanライフ&ヘルス事業部
専門分野
医療機器開発における、人間工学、医療工学等に基づく法規制・国際規格適用のサポート
業務内容
ユーザビリティエンジニアリング/ ヒューマンファクターズエンジニアリングのプロセスであるプランニング、リサーチ、分析、仕様設定、デザイン・設計、並びにユーザビリティ評価
 http://japan.ul.com/featured/lifehealth/
【主な職務内容】 
以下の内容をお客様やULグローバルのメンバーと連携をして行う
  • ユーザビリティ試験、フィールドリサーチの実施及び文書作成
  • ヒューマンファクターズエンジニアリングプロジェクトのテクニカルサポート
  • ユーザビリティ試験実施およびその準備
  • ユーザインタフェースのデザイン評価支援
  • 試験プランや試験レポート作成 (テンプレートに沿って英文で作成)
  • 営業部門と連携およびお客様対応  等
応募資格
【必須】
  1. 学卒以上かつ関連する分野の学部・学科(人間工学、医療工学、医用生体工学、デザイン工学、行動心理学、認知心理学 など)
  2. 日本語:母国語、英語:ビジネスレベル
  3. 優れた文書力、コミュニケーションスキルを持つ方・マルチタスクを適切にコーディネーションし、実行力のある方
  4. 海外含む短期・長期の出張が対応可能な方
【歓迎】
ユーザビリティの知識をベースにした医療機器の開発などの実務経験。関連するインターシップの経験など
着任時期
応相談
待遇
経験・能力に基づき弊社基準により決定
賞与年3、通勤費支給、社保完、休日・休暇 土日、祝日、年末年始、有給休暇など
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間)
応募書類
1.履歴書
2.職務経歴書
3.英文Resume
※書式自由
応募〆切
採用者が決まり次第終了
書類提出先
株式会社UL Japan 人事総務部 採用担当者宛
メールアドレス recruit@ul.com
(@マークは全角です。メール送信時は半角に修正してください。)
※原則として、応募書類は返却しません。
選考方法
1.書類選考、適性検査、対面面接、海外担当者との電話面接により選考
2.面接日程調整や結果のご連絡はメールで通知します
問い合わせ先
株式会社UL Japan 人事総務部 採用担当者宛
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3丸の内トラストタワー本館6F
メールアドレス recruit@ul.com
(@マークは全角です。メール送信時は半角に修正してください。)
電話 03-5293-6000(代表) 
備考
http://japan.ul.com/

 


ページのトップへ