イベント案内

投稿日:2021年12月03日|研究部会|投稿者:JES事務局
  • 主 催 日本人間工学会システム大会部会
  • 趣 旨 人間工学の様々な領域の研究者同士がじっくり楽しく研究交流できる場を提供する
  • 開催日時 2022年3月18日(金),19日(土)
  • 開催場所 ハイブリッド開催(早稲田大学理工学部およびzoom併催)
  • セッションプログラム 看護,ヒトをはかる, シーティング, 感性・官能 評価, 感覚・認知・その他一般, 特別講演会を予定.
  • 特別基調講演会
    演   題:  “Ergonomics yesterday, today, tomorrow, and in the future”− 仮想現実と拡張現実により改善する作業設計と人間工学 −
    講   師:  Dr. Marino Menozzi 先生(スイス連邦工科大学チューリッヒ校[ETH, Zurich] 人間工学部長)
    講師紹介: Ergonomicsの大家E. Grandjeanの名著タイトルでもある「”Fitting the Task to the Man”(タスクを人間に適合させる)」は重要な人間工学の役割です.変わりゆくタスクへの社会的要求に対して人間工学を含める戦略はまだ改善する必要があります.Menozzi先生はGrandjean教授の最後の院生で,ヨーロッパ屈指の工科大の人間工学部門長です.名古屋大学にもしばらく在籍してご活躍されたことがある親日家でもあります.
  • 事例中心シンポジウム
    日時:3月19日(土)17時より
    趣旨:座長にDr. Marino Menozzi先生(ETH, Zurich),野呂影勇先生(早稲田大学,エルゴシーティング)を迎えて,上記特別基調講演会と連動した研究事例紹介シンポジウムを開催します.
  • 研究発表/聴講・講演会・シンポジウム参加費 無料
  • 参加・発表申し込み締め切り 2022年2月21日(月)
  • 抄録原稿提出締め切り 2022年3月13日(日)
  • 問合先 東海大学内 システム大会部会第30回システム大会事務局(担当:衛藤)
    E-mail : norihito[アットマーク]tsc.u-tokai.ac.jp
  • 大会ホームページ http://www.ergonomics.jp/TG/systemtaikai/

 


ページのトップへ